現状復帰の依頼前に知っておくと得する知識

現状復帰の費用を安くする方法[日頃のケアが大事]

現状復帰の依頼前に知っておくと得する知識

部屋

工事の費用を安くするためのポイント

現状復帰の工事にかかる費用は、部屋の汚れ具合や工事の内容、工事に使う材料などによって異なってきます。工事では壁や床にキズがあったらそれを修復したり、壁紙を張り替えたりします。壁紙の張替えの作業は費用が高い傾向にあります。壁には極力穴を開けないようにしましょう。また壁紙が汚れないようにタバコは吸わないようがいいです。タバコを吸っていると壁にシミがついてしまいます。もしシミがついてしまったら洗剤で除去しましょう。これらをすることで壁に関する工事の費用を安く抑えることができると思います。

フローリングの付け替えも費用が高い

あまりにもフローリングのキズがひどいと付け替えをする場合があります。この作業も他の修復工事よりも費用が高くなるようです。フローリングの付け替え工事は大掛かりな工事になり、費用も大体2、3万円程度かかります。キズがつかないように緩衝材を使用するとよいでしょう。するとキズがつかなくなりその結果フローリングに関する工事も省くことができます。また日頃からこまめに掃き掃除と拭き掃除をかかせないようにすることも大切です。

見積もりを出した後に負担する額を決める

現状復帰工事の見積もりをもらったら、工事費用の総額が分かると思います。その工事費用の総額が自身の負担額ではありません。その部屋の様々な箇所の経過年数のことを考えて、貸主との借主のそれぞれの負担額を再度計算する必要があります。そしてその弾き出した金額を貸主へ伝えましょう。大事なことは見積もりをもらったらすぐに依頼するのではなく、適性な負担額を計算して貸主と話し合うことです。そうすることで余分な費用を払わなくて済むことでしょう。

現状復帰の工事を依頼する際によくある質問

契約をするときに気をつけるポイントはありますか?

入居する際は貸主との契約を交わします。契約書の中には現状復帰に関しても記載されています。双方が合意した上で契約を交わすのですから、現状復帰の条件について少しでも疑問に思ったら契約を交わす前に質問しましょう。

引っ越しするときに注意する点を教えてください

入居する前の状態に戻すのが現状復帰です。そのため引っ越しする前に貸主と借主が立ち会って、何故汚れているのかなどを確認し合いながら現状復帰の負担する金額を決めましょう。

どの業者へ依頼すればいいのでしょうか?

工事費用が安い業者へ依頼するのが良いと思いますが、安いだけの理由で業者を決めるのはリスクがあります。周りの方の意見やネットの口コミを参考にしながら自身に合った業者を探してみましょう。

工事でトラブルが発生することはありますか?

どのような状態が現状復帰といえるのか、貸主と借主の考え方の違いでトラブルになることがあるようです。工事当日は貸主にも工事に立ち会ってもらうことにより、このようなトラブルを防ぐことができると思います。

見積もりに費用はかかりますか?

ほとんどの業者が見積もり時に見積もり費用を請求しないようです。少しでも費用を抑えたい場合はホームページを確認して見積もり無料の業者へ見積もりを依頼するとよいでしょう。

広告募集中